首都圏でも、600万円でマイホームが手に入る!?

首都圏でも、600万円でマイホームが手に入る!?

予算の都合でキッチンは交換せず、すべて既存の設備を活用。上下の収納扉にカッティングシートを貼って明るい印象にリメイクした。手前のカウンターも仲村さんの自作。カラーボックスと合板を組み合わせ、1万円以下で制作できたそう

 首都圏に住んでいると、マイホームの取得には数千万円単位の費用がかかる、と思い込んでしまいがちだが、少し郊外に目を向けるだけで、数百万円で家を手に入れられてしまうということは意外に知られていない。

 埼玉県新座市内にある昭和45年築、広さ48.85平方メートルの団地の一室を400万円で購入し、約200万円かけてほぼ自力でリノベーションし、妻(33)とハッピーに暮らす仲村さん(37)に話を伺った。

「年間100万円以上の家賃の出費を考えたら、家を購入したほうがいいと思ったんです。でも、将来的に地元へ戻る可能性を考えると、こちらにマンションを買って長期間ローンを抱えることに不安もありました」。そう話すのは、以前は隣町の埼玉県和光市内にある、いわゆる分譲賃貸で暮らしていた仲村さん夫妻。

 妻の知り合いを介して団地リノベの魅力を知り、手頃な物件価格と、自分たちの好きなように改造できるところに興味を持ったという。実際に物件を購入しようと決めたとき、ふたりが思いついたのが団地の“試し住み”だった。

「それまで団地に住んだことがなかったので、まずは気になる団地に賃貸で住んでみようと思って。そのとき住み始めたのがこの団地なのですが、周囲の環境や管理体制のよさが気に入り、1年後に同じ団地の物件を購入することにしました。運よく出合えたのは、48平方メートルの広さで400万円という手頃な価格の物件。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)