"イジラレおじさん"が天然でカワイイと女性に人気? 下心や性欲を見せないことが大切

"イジラレおじさん"が天然でカワイイと女性に人気? 下心や性欲を見せないことが大切

記事まとめ

  • 若い頃のようにモテなくなった中年男性も"カワイイ路線"転向で返り咲きが可能だという
  • 女性と対等な目線で接し、時にイジラレ役も買って出る"イジラレおじさん"が評判のよう
  • 心理カウンセラーも、普段から"女子扱い"される仲間になることを提案している

女性と対等な目線で接する“イジラレおじさん”がモテる理由

女性と対等な目線で接する“イジラレおじさん”がモテる理由

女性と対等な目線で接する“イジラレおじさん”がモテる理由の画像

 いつしか「かっこいい」「やさしい」「おもしろい」と言われることもなくなり、若い頃のようにモテなくなったと気づく40代。しかし、カワイイ路線に転向することで、中年にもまさかの“モテの返り咲き”が可能だという。そのカラクリと戦略を徹底解明してみた!

◆女性と対等な目線で接する“イジラレおじさん”がおいしい!

 上から目線で自分の価値観を押しつけてくる40男に女性はいいかげんうんざり。そこで有効なのが、女性と対等な目線で接し、ときにイジラレ役も買って出る“イジラレおじさん”になる方法。

「仕事はそこそこできるのにちょっと天然なのがカワイイ。性別や年齢を意識させずに話を聞いてくれて、気づけば心を許していました」(27歳・保険)と評判は上々だ。

 このタイプがモテる理由を、マーケティングライターの牛窪恵氏はこう語る。

「今の若いコは自分に自信がなく、『この人と釣り合う女にならなきゃ』と思わせる相手には疲れてしまう。少し“隙”があって『私でも役に立てる』と自分に自信を持たせてくれる男性を求めています」

 では、具体的にどう振る舞えばいいのか。「モテたい下心や性欲を見せず、“男として”ではなく“人として”好かれることを目指しましょう」とアドバイスするのは、ブロガーのぱぷりこ氏だ。心理カウンセラーの五百田達成氏も、「LINEグループで肉やスイーツを食べに行く“ご飯会”をつくるなど、普段から“女子扱い”される仲間になること」と提案。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)