なぜ女性たちは「ゲイストリップ」に夢中になるのか?【カリスマ男の娘・大島薫】

なぜ女性たちは「ゲイストリップ」に夢中になるのか?【カリスマ男の娘・大島薫】

なぜ女性たちは「ゲイストリップ」に夢中になるのか?【カリスマ男の娘・大島薫】の画像

 見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 月に1度「ゲイストリップを見ようの会」というイベントを主催している。

 これは日本に唯一存在するメンズストリップの団体「N-stage」のストリッパーさんたちを招いて行っているイベントだ。なぜゲイストリップという名前を冠しているのかというと、N-stageという団体はゲイの方向けの公演しか基本的に行っていらっしゃらないからだ。

 メンバーにはいわゆる女性が恋愛対象のノンケのダンサーさんや、男性しか恋愛対象にならないゲイのダンサーなどさまざまな方がいらっしゃるが、観客はゲイの男性しかいないため、ゲイストリップと名付けてイベントを開催している。

 普段は女人禁制のこのショーに女性客も入れるようにしたのが、ボクが主催をする「ゲイストリップを見ようの会」というわけだ。観客はいわゆるボーイズラブなどが好きな腐女子と呼ばれる女性たちで、毎回前売り券が即日完売になってしまう。

 チップタイムなどでは、女性には見向きもしないゲイ男性たちに向けて、口移しでチップを渡す女性や、演者からのハグに狂喜乱舞する光景が見られる。おそらく男性がこの空間にやって来れば、奥ゆかしい日本女性のイメージを持たれている方は、そのイメージが一夜にして崩れ去ることだろう。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)