安倍晋三が“皇室に弓を引いた”蘇我入鹿と並んだ日…「上皇后」とは?

安倍晋三が“皇室に弓を引いた”蘇我入鹿と並んだ日…「上皇后」とは?

安倍晋三が“皇室に弓を引いた”蘇我入鹿と並んだ日…「上皇后」とは?の画像

 新聞に載るのが名誉の場合とは限らない。たとえば犯罪者の場合。同じく、歴史に名を残すのも、時と場合による。こと皇室の歴史に名を残す場合。

 天皇陛下の退位を実現する特例法案が可決され公布された。

 以前、評したように、譲位に関しては褒めておいた。@特例法で細目を定め、速やかに譲位を行う、Aただし、1条でもいいので典範に追加項目を挿入し、「違憲の天皇」の疑いを回避する、B上皇の尊号を死守する。この3点、与野党ともに衆参両院議長のあっせんで歩み寄り、妥当な結論に至った。

 昨年8月8日の陛下のお言葉により譲位が実現したのであるから、東大憲法学の「天皇=ロボット説」はここに崩壊した。

 与野党ともによくやった! と褒めた後に、政府がやらかしてくれた。

 譲位された後の天皇陛下の尊号は上皇。当然である。なぜ正式名称の「太上天皇」ではなく、略称の「上皇」を正式名称にするのか意味がわからないが、歴史的に定着した名称であるので、これは許容範囲だ。

 しかし、譲位後の皇后陛下の尊号を「上皇后」とするとは、いかなる先例に基づいているのか。安倍内閣には歴史の専門家が一人もいないのか。

 先帝の皇后の尊号は、皇太后である。政府の有識者会議では、「未亡人の意味合いがある」との理由が採用されたとのことだが、曲学阿世とはこのことだ。誰に媚びているのか知らないが、皇室の歴史は公称2677年だ。たかが150年もない明治以降の歴史だけで語ってどうするのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)