よそいきホークとジョーンおばさまのトーキョー・ウォーク――フミ斎藤のプロレス読本#026【ロード・ウォリアーズ編エピソード11】

よそいきホークとジョーンおばさまのトーキョー・ウォーク――フミ斎藤のプロレス読本#026【ロード・ウォリアーズ編エピソード11】

『フミ斎藤のプロレス読本』#026ロード・ウォリアーズ編エピソード11は、ミネアポリスから来たジョーンおばさまとホークのトーキョー・ウォークのおはなし。「知り合いのおばさん」は、なんとモンデール駐日大使夫人だった!(Photo Credit:Fumi Saito)

 1993年

「知り合いのおばさんに会うからいっしょに来てくれ」とホークがいうので、午前10時きっかりにKホテルのロビーに行くと、ジョーンおばさまと青い“外ナンバー”はもうすっかりしびれを切らせていた。

 栗色の髪をショートカットにして、おとしのわりにはすらっと背の高いジョーンおばさまは、きょう1日のスケジュールをこまかくメモ用紙に書き出して、それをショーファーのミスター・ワカタベに渡していた。

 ホークは、ブラックジーンズにおろしたての真っ赤なハーレーのTシャツを着てきた。足元はあいかわらず爬虫類系のブーツだけれど、大きなメタルのバックルがついた革のウェスタンベルトをしてこなかったのは賢明な判断だった。

 頭に巻いているバンダナも無地のブラックだ。なんだか、きょうはひどく感じがいい。

 ジョーンおばさまとホークは、ミネアポリスにある家をどうしようかいろいろ迷っている、というおしゃべりで盛り上がっていた。

「ぼくはいま独身ですから、大きな家を売って、ちいさなコンドミニアムに移ろうかと考えています」とホーク。

「家はそのままですが、犬だけはちゃんと連れてきましたわ」とジョーンおばさま。

 ふたりともほんとうはミネソタに住んでいるけれど、ふだんはトーキョーで生活している。ホークがジョーンおばさまを知っているのは、ホークがジョーンおばさまの娘さんのエレノアさんと友だちだったかららしい。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)