小池新党は都政を変えるか? 100万ユーザーの政治サイトを主宰、“人を巻き込む力”は群を抜いている――武蔵野市・鈴木邦和候補

小池新党は都政を変えるか? 100万ユーザーの政治サイトを主宰、“人を巻き込む力”は群を抜いている――武蔵野市・鈴木邦和候補

小池新党は都政を変えるか? 100万ユーザーの政治サイトを主宰、“人を巻き込む力”は群を抜いている――武蔵野市・鈴木邦和候補の画像

6月23日告示の東京都議会議員選挙(以下、東京都議選。7月2日投開票)。最大の焦点は、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」が、自民党に代わり第一党となるかどうか。が、今回のように政局の要素が強い選挙では、時として、候補者個々の資質や人となりを見ず、政党のみを見て投票する流れもできやすい。事前予想で優勢とされている「小池新党」の各候補者は、政治家としてどんなビジョンを持っているのか――その素顔に迫ってみる。

【短期集中ルポ「小池新党は都政を変えられるのか?」〜第1回/武蔵野市・鈴木邦和候補】〜

◆“地域目線”の公約をアピール

 6月10日の午後12時30分過。JR武蔵境駅前に立ち並ぶ街路樹をバックに、ライトグリーンの薄手のジャケットを羽織った東京都知事・小池百合子が、ゆるやかな拍手に包まれながら、選挙カーの上に登った。

 車上の看板には「都民ファーストの会」という文字とロゴが掲げられている。緑字に白抜きのデザインは、同党の代表を務める小池が政界デビュー時に所属していた日本新党の党旗と同じだ。

 自民党を敵に回しての出馬だったにも関わらず、無党派層の支持を得て約291万票を獲得し、女性初の東京都知事が誕生した2016年7月の都知事選から1年余がたったが、小池人気は健在のようで、演説が始まると駅前の人口密度は急激に高まった。筆者の目視でも、少なくとも600名以上が詰め掛けるなか、小池の演説が始まった。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)