採用、異動人事にもAIが導入。将来、人事部門は消えてなくなる!?

採用、異動人事にもAIが導入。将来、人事部門は消えてなくなる!?

採用、異動人事にもAIが導入。将来、人事部門は消えてなくなる!?の画像

 6月1日に「選考解禁日」を迎え、学生たちは就職活動に勤しんでいる。今年はソフトバンクが選考にAIを導入すると発表し「AI採用元年」となったが、実は新卒採用だけではなく、転職や異動など人事の現場で続々とAIが導入され始めている。

 このような採用や人事分野におけるAI導入の流れは、社会的にどのような影響を生むのか。京都大学大学院・情報学研究科の西田豊明教授は、企業と働き手の関係の変化が起こるのではないかと予想する。

「表情や視線、声質など非言語コミュニケーションをAIで分析したいというニーズが高まれば、面接現場にはデータ収集のための各種センサーや、ロボットが使われ始めるかもしれません」

 日本で最も有名なロボット・ペッパーは、すでに表情や音声などから人間の機嫌や感情を一部読み取るレベルに達している。それらロボットが面接の現場に登場したらどうか。恐らく、人間の採用担当者には通じていたような嘘や、取り繕った体裁が通じなくなるはずだ。そして、その先には新たな社会問題が浮上する可能性がある。

「仮にそうした状況になれば、採用される側は知られたくない情報も含め、すべての個人情報を“正直”に企業側に提供しなければいけなくなる。企業に常に正直でなければならないというのは、労使関係やプライバシーの観点から、議論を呼ぶでしょう」(西田氏)

 人間関係ではときに“潤滑油”としての嘘も必要となるが、それが少しでも許されないとなると、また問題だろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)