80歳の男性と付き合った20歳女性、60歳差カップルの顛末――気になる“夜の営み”はどうだった?

80歳の男性と付き合った20歳女性、60歳差カップルの顛末――気になる“夜の営み”はどうだった?

デートの温泉旅行でよく訪れたという箱根

 日本中が祝福ムードに包まれたアンジャッシュの渡部建(44歳)と佐々木希(29歳)の結婚。人気者同士ということもさることながら、15歳の“年の差婚”ということも話題になった。

 渡部さんが絶世の美女・佐々木希をゲットしたのは、芸能界だけの夢物語……と思いきや、そんなことはない。関東某所に住む一般女性・ハルカさん(仮名・30代)は20歳の頃、なんと“80歳のおじいちゃん”と恋に落ちたのだという。

 有名な年の差夫婦は、市村正親(68歳)と篠原涼子(43歳)の25歳差、加藤茶(74歳)とその嫁・綾菜さん(29歳)の45歳差などが挙げられるが、ハルカさんは彼らをしのぐ60歳差!

 彼女は、当時の恋愛を振り返り「お金目当てではありません。彼を心から愛していました」と言うが……。80歳の彼とどのように出会い、交際に発展し、そして別れたのか――事の顛末を聞いてみた。もちろん、20歳のうら若き女性と80歳の男性が、どのように“夜の営み”を行っていたのかも……。

◆80歳の彼に「死んだ嫁に似ている」と言われた

「彼との出会いは、アルバイト先の旅館。私は、食事の配膳業務を担当していました。働いていた旅館はゴルフ場の近くにあったので、宿泊するお客様はゴルフ帰りの方が多かったんです」

 泊まりがけでゴルフを楽しむのは、比較的お金に余裕のあるシニア層が多い。そのため、ハルカさんが働く旅館の宿泊客も、高齢者が大半を占めていた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)