夏の着こなしはファッションエリートでも苦労する…「ワイドパンツ」で差をつけろ

夏の着こなしはファッションエリートでも苦労する…「ワイドパンツ」で差をつけろ

Tシャツはもちろん、ニット素材ならよりおしゃれに

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第131回目をよろしくお願いします。

 「Tシャツにパンツでどうやっておしゃれにすればいいんだよ」「どうしても地味で無難な格好になっちゃうんだけど」……ファッションエリートでも「夏の着こなし」には苦労するもの。「Tシャツ短パンサンダル」など子供っぽい着こなしを避けるのは当然としても、大人っぽくキレイにまとめたところで所詮はトップス、ボトムス、シューズの3アイテムで完結してしまうため、どう頑張っても「地味な印象」からは逃れられません。

 無地でキレイにまとめればスタイリッシュには見えるけど「無難で地味」になる。かといって柄や色を使うと一気に子供っぽくなってしまう。八方塞がりな夏シーズンをどう乗るきるべきのか? 「飲み会で褒められる服装」は実現できるのか? キレイで大人っぽいけど地味ではない着こなしはあるのか?

 ……前ふりがいつもより長くなってしまいましたが、夏こそ「ワイドパンツ」なのです。

▼デザインや色柄は普通でも、「シルエット」で差をつける

 「地味で無難」という印象を脱却するためには、どこかわかりやすい「差別化ポイント」をつくることです。その他大勢と同じように見えるから「地味で無難」になるわけで、パッと見た目で「ほかと違う」要素を入れる必要があります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)