弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅

弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅

弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅の画像

 ヤクルトファンにとって、もはや毎年の有事ではなく“憂事”である交流戦がやっと終わった。球団史上ワーストとなる巨人の13連敗が世間の大きな関心事となっていたその裏で、ヤクルトはひっそりと10連敗を記録していた。

 しかも交流戦前の5連敗ののち、1勝を挟んだ10連敗。事態はどこよりも深刻なのである。主力がバタバタとケガで戦線離脱しているのに、世間の関心は巨人一色。東京を本拠にする2チームが交流戦の最下位争いをしていたことを「都民ワースト」などと揶揄されるのはまだいいとして、腐っても「巨人ファースト」の報道には、燕党である記者もほぞを噛んだ。

 鬱屈した気持ちに救いを求める如く記者は、ヤクルトファンの“救済の書”とも言われる『いつも、気づけば神宮に』(長谷川晶一著/集英社)を手に取った。

 この本は、ライターの長谷川晶一氏が子供の頃からファンであるヤクルトスワローズに流れる“伝統”を「9つの系譜」に分け、あまたのOB、現役選手(もちろん山田哲人も)にインタビューし、脈々と流れる「ヤクルトらしさ」とは何なのかを紐解くものである。

 筆者である長谷川氏は、取材相手の元選手に向かって、ファンであることを包み隠さず、ときには容赦ない(心の)罵声を浴びせたことを謝罪し行脚を続ける。’92年のセ・リーグ優勝の瞬間、甲子園球場で阪神ファンから与えられる恐怖から物語は始まるように、「実録ドキュメント」になっていることが読者を引き込んでいく。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)