天空の城・竹田城を訪れて改めて考えた「高速道路空白地帯に高速道路は必要なのか」問題

天空の城・竹田城を訪れて改めて考えた「高速道路空白地帯に高速道路は必要なのか」問題

城の対面の山上にある立雲峡から見た竹田城

 近年、「天空の城」という単語をよく聞く。その代表格が、兵庫県朝来市にある竹田城だ。

 私が竹田城を知ったのは30年ほど前。山城ファンだったので矢も楯もたまらず訪れ、山頂部に連なる石垣の風情に感動した。「日本にこんな城があったとは!」と思ったものだ。ただ、当時この付近は、かなり交通の便が悪かった。クルマだと、京都から国道9号線をクネクネ来るしかなかった。

 兵庫県と言えば神戸を県庁所在地とする先進県だが、南部と北部では大違い。南部には山陽道や中国道など多くの高速道路が走るが、北部は国土開発幹線自動車道、つまり高速道路の空白地帯だ。高速道路の空白地帯というと、真っ先に思い浮かぶのは山陰地方だが、そこには山陰道というれっきとした国幹道の計画がある(未完成)。一方兵庫県北部にはそれもない。

 ところが、先日約25年ぶりに竹田城を訪れたところ、すっかり様変わりしていた。

 この付近には、17年前に姫路を始点とする播但道(兵庫県が作った自動車専用道路)が開通したが、現在は舞鶴若狭道から枝分かれした北近畿豊岡道も完成している。しかも北近畿豊岡道は、途中のトンネル区間を除き料金無料。播但道で姫路から、竹田城最寄りの和田山インターまで利用すると1000円だが、北近畿豊岡道なら、舞鶴若狭道の春日から和田山まで300円で済む。

 この道路が完成したのは2006年。高速道路マニアの私も、注目しているのは主に国幹道で、こういった地域幹線道路はノーマークだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)