女子の間で当たり前になりつつある「アンダーヘア脱毛」を男が体験してみた

女子の間で当たり前になりつつある「アンダーヘア脱毛」を男が体験してみた

「女性だったらどうしよう……」と期待したが、VIOゾーンは男性が施術してくれるという。今回は「マタツルコース」は、2万2750円(税抜き)を体験した

ジェンダーレス男子や女装タレントが話題の昨今、男性のジェンダーレス化が進んでいるように思われる。しかし、私たちは女性のことをどこまでわかっているのか? 女性の専売特許を男性記者が体験!

◆剛毛記者が!アンダーヘア脱毛にチャレンジ!

 処理する程度に差はあれど、女子の間で当たり前になりつつあるアンダーヘア脱毛。男には無縁だと思っていたが、男性専門の総合美容クリニック「ゴリラクリニック」の稲見院長いわく、「処理する男性も増えてきている」そう。剛毛の記者が挑戦してみた!

 自宅で可能な限りアンダーヘアを処理し来院。カルテ記入や説明などを受ける。稲見院長いわく、

「ここでよく聞かれる質問は痛みについて。確かに従来のマシンは強い痛みを伴ったが、痛みが軽減された最新マシンを使用しています」とのこと。とはいえ、デリケートな部分だけに、一抹の不安は拭えないまま処置室へ向かう。

 笑気麻酔も用意されているので、こちらも体験。鼻から吸うのだが、酔っ払ったような感覚に包まれる。早速施術に入ったが、稲見院長の言葉どおり痛みは少ない。陰部に近づくにつれ、毛を引っ張られているような感覚が強くなるが、笑気麻酔で感覚が鈍くなっているため痛みはさほど気にならない。粘膜近くの肛門部分はさすがに痛みを覚悟したが、ここでも笑気麻酔が効果を発揮! むしろ痛気持ちいい感覚になった。

 約60分の施術はあっという間に終了。後に引く痛みもまったくない。強いて言えば、アンダーヘアの伸びる速度が速く、毛がチクチクして痒かったが数日たてば気にならないレベル。

 アンダーヘアが減ってきた感覚になるには5回くらい施術が必要とのこと。また、いわゆるパイパンになるには15回程度必要だそうだ。「男は痛みに耐えられない」と言われるが、これなら問題なさそうだ!

― 男性記者が実体験オンナは大変だった! ―

1

関連記事(外部サイト)