テリー・ゴーディのディープサウス物語――フミ斎藤のプロレス読本#031【全日本プロレスgaijin編エピソード1】

テリー・ゴーディのディープサウス物語――フミ斎藤のプロレス読本#031【全日本プロレスgaijin編エピソード1】

『フミ斎藤のプロレス読本』#031全日本プロレスgaijin編エピソード1は「テリー・ゴーディのディープサウス物語」。ゴーディが住むテネシー州サディーデイジィーは、チャタヌガから25マイルほど北上した山のなかだった(写真は全日本プロレス・オフィシャル宣材フォトより)

 199X年

 メンフィス発―チャタヌガ行きのノースウエスト2849便は、20人乗りの危なっかしいプロペラ機だった。チャタヌガはテネシー州とジョージア州のボーダーラインに位置する人口16万人の小都市。

 テリー・ゴーディが住むサディーデイジィーSoddy−Daisyの町は、チャタヌガから25マイルほど北上したところにある。

 まるで長距離列車の待合室を思わせる古ぼけた木造建てのバゲージクレームで、ゴーディはぼくを待っていてくれた。12月も終わりだというのに、スウェットシャツ1枚の軽装だ。

 このあたりは冬になると長い雨のシーズンがやって来る。でも、雪が降ったりすることはほとんどない。

 ゴーディの愛車は、大きな4WDのシボレーだった。空港のすぐ外側からフリーウェイに乗ってしばらく走ると、右手にうっすらと山並みが見えてきた。

「あれがルックアウト・マウンテンだ」とゴーディが説明してくれた。

 南北戦争の時代、南軍の兵士たちが隣接する7つの州の様子を偵察するために登った山なのだという。

 チャタヌガはテネシーとジョージアの州境の町で、そのまま西に25マイルほど行けばアラバマ州のステートラインにぶつかるし、東に向かって1時間も車を飛ばせばノースカロライナ州にもたどり着く。

 テネシー州の北から東を取り囲んでいるケンタッキー、ジョージア、アラバマ、バージニア、南北カロライナの7州がほんとうにあのルックアウト・マウンテンから見渡せるのかどうかはわからない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)