キラキラネーム化する激辛つけ麺メニュー名。“灼熱”と“極限”はどれほど辛い?

キラキラネーム化する激辛つけ麺メニュー名。“灼熱”と“極限”はどれほど辛い?

「灼熱まぜそば」は“あつもり”にするとより辛さが引き立つ。ファンの間ではスープ割りで飲み干す人もいるというから恐ろしい

 毎年のように過酷な夏を迎えている日本。今夏も全国的に厳しい暑さとなるという気象庁の発表もあるが、例年にも増して食品メーカーや飲食店各社は自社最強の激辛メニューを、次々と投入している。

 東ハトは「暴君ハバネロ 暴チップス ウマ辛ゴマラー油味」を4月17日に発売。江崎グリコはレトルトカレー「LEE 辛さ×30倍」(通常は×20倍)を5月16日に、日清食品は「日清焼きそばUFO わさマヨ地獄」を5月29日に発売している。いずれも既存商品に、辛さを追求した新レパートリーを増やした形だ。

 加えて飲食店でも、ロッテリアの「激辛タンドリーチキンサンド(アチャールソース)」(6月8日〜7月下旬)、ヒルトン名古屋の人気カレーブッフェ「Curry in Style」の「超激辛!脂肪燃焼カレー」(6月1日〜8月31日)などが提供されており、鶏セセリ焼と赤から鍋でおなじみの「赤から」では、7月1日からこれまで最高の辛さだった“10辛”を超える激辛鍋の取り扱いを始める予定だ。

 猛暑を激辛の食事で汗をかいて乗り切ることは、日本の夏の風物詩となりつつあると言っても過言ではないのかもしれない。

◆激辛表現がキラキラネーム化している

  国内で計20店舗(この夏新たに2店舗がオープン予定)、海外では台湾で4店舗、香港に2店舗を展開しているつけ麺専門店・「三田製麺所」でも、夏の到来を告げる夏至にあたる2017年6月21日(水)から9月末までの約3ヶ月間、夏季限定キャンペーン「灼熱祭り」を開催する。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)