湖畔の殺人医師Dr.Death――フミ斎藤のプロレス読本#032【全日本プロレスgaijin編エピソード2】

湖畔の殺人医師Dr.Death――フミ斎藤のプロレス読本#032【全日本プロレスgaijin編エピソード2】

『フミ斎藤のプロレス読本』#032全日本プロレスgijin編エピソード2は「湖畔の殺人医師Dr. Death」の巻。ウィリアムスが住んでいるルイジアナ州ベントンは、同州の北端に位置する人口2000人のスモールタウン(写真は全日本プロレス・オフィシャル宣材フォトより)

 199X年

 スティーブ・ウィリアムスが暮らすベントンは、ルイジアナ州の北端に位置する人口2000人のスモールタウン。テキサス州のボーダーラインまでは車で20分、ルイジアナのすぐ上のアーカンソーの州境までは30マイルちょっと(約50キロ)のディープサウスの町だ。

 雪ぶかいコロラドの山奥レークウッドで生まれ育ったウィリアムスが深南部にやって来たのは、フットボール奨学金とレスリング奨学金を取得してオクラホマ大学に入学したときのことだ。

 大学を卒業し、プロフットボールを経験し、プロレスラーになってから10年近くがたったいまでも、ウィリアムスはこのちいさな町から離れようとしない。

 シュリーブポート空港からベントン・ハイウェイをしばらく北上していくと、ウィリアムスの家があるパーキー通りがみえてくる。

 頑丈そうなヒマラヤ杉をふんだんに使ってつくられたお屋敷は、いかにもウィリアムスが好みそうなナチュラル・ウッドの色をした2階建てのバンガローだった。

 家族は奥さんのタミーさんと10歳になる娘のストーミーちゃんの3人。もちろん、ペットの犬2匹、ネコ1匹もファミリー。サイプラス・レークというちいさな湖に面した家は、目抜き通りからはかなり奥まったところに建てられているから隣人はほとんどいない。

 リビングルームの暖炉、地下のウエートルーム、裏庭のジャグジー風呂は、ウィリアムスが趣味の日曜大工でこしらえた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)