「共謀罪をものともせず」自称テロリスト・外山恒一が都内を街宣中

「共謀罪をものともせず」自称テロリスト・外山恒一が都内を街宣中

「共謀罪をものともせず」自称テロリスト・外山恒一が都内を街宣中の画像

「戦争するならアメリカとやれ。爆破したいぐらい、原発が嫌いです。原発推進派は、はぁ(ため息)、死ねばいいと思います。共謀罪をものともせず、会いにくるテロリスト、気さくなテロリスト、外山恒一でございます」

 東京都議会議員選挙が告示された2017年6月23日、午前8時の高円寺駅前。都議選とはまったく関係ないにもかかわらず、街宣車から過激な第一声をあげている男がいた。2007年の都知事選に出馬、政見放送で「選挙で何かが変わると思ったら大間違いだ!」と民主主義を批判し、注目を浴びた外山恒一氏である。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1353353

 外山氏はその後も各種選挙で出馬せずとも原発推進候補をほめごろしたり(※2014.02.10)、「投票に行くな」と訴えたり(※2016.07.14)と、内容は過激ながらもユーモアに溢れる「選挙便乗街宣パフォーマンス」を行ってきた。

 今回は原発候補ほめごろしに引き続き「テロリスト」を自称しての街宣。これは先だって成立したばかりの「テロ等準備罪」(共謀罪)が7月11日に施行されるのを前に、共謀罪を笑い飛ばす意図ではないか? そう睨んだ取材班は、街宣車に再び乗り込んでみることにした。

「悪い政府が嫌がることしかやりません」「テロリストが人質を取って、アメリカと手を切れと要求してきたら、素直に従ってください」「単なる平凡な、しがない過激派でございます」

 外山氏は磨き上げた短い街宣フレーズをマイクで繰り返しながら、高円寺から新宿、渋谷などを回る。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)