ダグ・ファーナスのハンブルhumbleな気持ち――フミ斎藤のプロレス読本#033【全日本プロレスgaijin編エピソード3】

ダグ・ファーナスのハンブルhumbleな気持ち――フミ斎藤のプロレス読本#033【全日本プロレスgaijin編エピソード3】

『フミ斎藤のプロレス読本』#033全日本プロレスgaijin編エピソード3は「ダグ・ファーナスのハンブルhumbleな気持ち」の巻。スーパーアスリート、ファーナスが16歳のときに交通事故で意識不明の重症を負ったことはあまり知られていない(写真は全日本プロレス・オフィシャル宣材フォトより)

 199X年

 アメリカの地理にかなり詳しくても、オクラホマ州の片田舎にマイアミなんて町があることを知っている人は少ないだろう。

 “マイアミ”といえばすぐに思い浮かぶのはフロリダのリゾート地だが、ロードアトラスの地図をたんねんにみてみたら、カウボーイ映画の舞台オクラホマにもマイアミがあった。

 ダグ・ファーナスはこの町で少年時代を過ごした。オクラホマ州北東部のはずれに位置するマイアミは、人口1万4000人のスモールタウンで、いちばん近い都会のタルサからは車で約3時間の距離にあたる。

 牧畜、畜産業が町の経済を支えていて、ファーナスの実家もまた農家を営んでいた。田舎町の少年にとって、学校のクラブ活動は生活の一部のようなものだった。ファーナスも中学、高校を通じてフットボール、バスケットボール、陸上競技に汗を流した。

 そして、アメリカの少年ならだれでもいちどは夢みるように、いつかはプロのフットボール・プレーヤーになってスーパーボウルに出場する自分の姿を想像してみたりした。

 父親が経営する牧場は地平線のかなたまで草原が広がり、毎朝、キッチンの窓から太陽が昇るのが見えた。母親は町の病院で看護師をしていた。

 すぐ近所にはガールフレンドのジョディが住んでいた。マイアミにはファーナス少年のすべてがあった。

「“あれ”が起こるまでは、どんなことでも自分の思いどおりになると信じていた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)