新型カムリは日本のセダン市場を変えるのか?

新型カムリは日本のセダン市場を変えるのか?

スリムなアッパーグリルと大きく構えたロアグリルを対比させ、かなりワイド&ローな印象になった新型カムリ(日本仕様)

クルマを所有することが若者のステイタスだった80年代――。デートの前日、徹夜でマイベストテープをつくり、インレタでタイトルづけした記憶が懐かしい。そんな80年代から今も続くブランドのカムリとは?

 カムリだけど、カムリじゃない――。今年1月に、トヨタ自動車がアメリカのデトロイトモーターショー2017で初公開した新型カムリのことを、80年代のカムリを知る人たちは、そう思ったかもしれない。

「1980年に登場したセリカカムリはFR(後輪駆動)でしたが、セリカがはずれてからのカムリは、FF(前輪駆動)として代を重ね、2011年の現行から、日本仕様はハイブリッドのみとなっています」とは、トヨタマーケティングジャパンの大澤あつみ氏だ。

 カムリという車名が「冠(かんむり)」 に由来するということは、ご存じだろう。当時のトヨタにはカローラ(花の冠)、クラウン(王冠)、コロナ(太陽の冠)など、アルファベットのCで始まり、冠を表す意味を持つブランドが多かったのは有名な話だ。

 そんなカムリは、1988年から海外生産が始まり、本格的なグローバルセダンとしての歩みが始まる。

「カムリは、トヨタのグローバルミッドサイズセダンとして、100以上の国と地域で販売されています。累計販売台数は1800万台を超え、30年以上も世界で支持されてきました」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1354271

 そもそも高級スポーツセダンとして発売されたセリカ カムリは、当初はカローラの上位車種という位置づけの中型車だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)