セリフは一切なし! J-POP歌詞とダンスのみ繰り広げられる異色の演劇集団「梅棒」とは?

セリフは一切なし! J-POP歌詞とダンスのみ繰り広げられる異色の演劇集団「梅棒」とは?

新作舞台7th ATTACK「ピカイチ!」の様子

 一切のセリフはなく、華麗なダンスと、J-POPの歌詞にあわせてストーリーが展開していく。”テニミュ”こと「ミュージカル テニスの王子様」などの2.5次元舞台から海外招聘作まで、ダンスミュージカルが人気を博している昨今、斬新な演出で、演劇界などからの注目を一手に集めているダンスパフォーマンス集団がある。その劇団の名前は「梅棒」という。

 昨年、NMB48の元メンバーである梅田彩佳をゲストに迎えて、東京グローブ座で行われた舞台6th Opus「GLOVER/グラバー」も記憶に新しいが、今年6月23日からは新作舞台7th ATTACK「ピカイチ!」が六本木・Zeppブルーシアターで絶賛公演中だ。

 ゲストにはw-indsの千葉涼平や、アイドルの吉川友など注目の面々が集まっている本作は梅棒初となる「学園モノ」だ。そこで今回、特別にその模様をリポートする。

 幕が上がって、観客の視線をまずまっさきに目を引くと思われるのが、舞台中央にどーんと設置された、二階建ての学園セットだ。シーンに合わせて左右に開閉するセットを前に、出演者たちはパワフルなダンスを披露しながら、上から下へと舞台狭しと暴れまわる。

 ストーリーは「青梅英雄学園」という高校に、ひとりの転校生がやってくるところから始まる。やってきたのは容姿端麗で、文武両道のまさにパーフェクトな男子高校生。彼を中心にさまざまな学園ドラマが描かれる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)