今、「女装をしてみたい」アラサー男性が増えている【カリスマ男の娘・大島薫】

今、「女装をしてみたい」アラサー男性が増えている【カリスマ男の娘・大島薫】

今、「女装をしてみたい」アラサー男性が増えている【カリスマ男の娘・大島薫】の画像

 見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 女装をしてみたい男性は意外に多いらしい。

 先日、タマトイズさんと「男の娘用衣装」のプロデュースをすることになったと発表した。

 タマトイズは衣類部門で唯一「男の娘」を商標登録している企業で、これまで男の娘の名前を冠した商品をいくつも発売している。そんなタマトイズさんが、心機一転、新たなレーベルとしてボクを起用したのが、この「Kaoru’s Closet」だ。

 女装に興味のある男性が着たいけれども、着ることができないと思っている服を男性の体型に合わせて、違和感なく着られることを目指してプロデュースをした。くびれのない男性の身体にくびれがあるように見せるよう、基本的に上部分は裾広がりのフレア状にし、肩幅が目立たず肌に視線が分散するオフショルダーも多く取り入れた。

 あくまで衣装で、普段使いのできるものではないが、買ってくれた人が着たときに「俺には女装は似合わないな……」と思わせたくはない。そこで、ボクが12年以上にも及ぶ女装歴から来る経験を駆使して、できる限り男性でもかわいく着れるものを目指したつもりだ。

 そういえば、タマトイズさんとの企画会議で、普段の男の娘の衣装について参考程度に話を聞いたのだが、どうやら女装をしたいという男性は30歳前後に多いらしい。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)