無料で手に入れたマーチが2年1万kmちょっと乗った後8万円で売れた話

無料で手に入れたマーチが2年1万kmちょっと乗った後8万円で売れた話

前から見ると普通のマーチ

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。ネットの書き込みや知り合いなどから、たまに「クルマ無料(タダ)であげます」ということがあります。クルマって本来は高価なもののはずですが、需要がなくなったクルマの価値は最終的には無料になるようです。

 さて、そんな「誰かがいらない」といっているタダのクルマ。持っている本人がもういらないといってるのですから、「もらっても結局、高くつくのではないか?」と勘ぐる方もいるでしょう。しかし、そんな「無料クルマ」のなかにも、実はお宝が存在します。目利きができれば、何年か乗った後にいくらかで売る、なんてことも可能なのです。

 その1つがマーチ。このマーチといえば、日産自動車が80年代から生産する大衆車。5ナンバークラスのなかでは、最も安い価格帯に位置し、新車販売台数でもランキング上位に食い込む車種であるため、とても生産台数が多い傾向にあります。私は以前、このマーチを無料で手に入れ、2年1万kmちょっと乗って、最終的に約8万円で売ることができました。

 私が無料で手に入れたのは、マーチといっても超レアな1台。その名も「マーチカブリオレ」というオープンカー仕様のマーチです。

 このクルマ、1997年にデビューした後、1999年ごろまで生産されていて、総生産台数は約4000台ともいわれています。4000台というのは、クルマの生産台数としてはかなり少ないほうで、その数値だけでもレアカーといえるでしょう。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)