トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?の画像

 サントラを耳にするだけで、ワンシーンを目にするだけで当時の記憶を呼び戻す映画がある。今日でも名画として愛される作品が数多く生まれた80年代、あなたにとっての特別な映画はなんですか?

 80年代の日本における映画の潮流を語るには、邦画と洋画を分けて語る必要がある。じつはこのころの日本は、ハリウッド映画興行の黄金期。洋画と邦画のトップの配給収入を比べると、10億円以上の差をつけているほどだ(当時は興行収入ではなく、配給収入でカウントされている)。

 まずは洋画だが、今もなお人気を博するいくつかのジャンル映画が、お茶の間に浸透した時代といえる。それはSF大作、アクションスター映画、青春映画、アート系映画。SF大作は『スター・ウォーズ』旧3部作の2作がそれぞれ『帝国の逆襲』32億円、『ジェダイの復讐』(のちに『ジェダイの帰還』に改題)37.2億円と80年代を代表するヒット作として数えられているいるだけでなく、『ゴーストバスターズ』(40.9億円)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(36.9億円)など、今も愛され続ける名作SF大作がスマッシュヒットを記録。

 それとともに、SF映画の金字塔ともいえる『E.T.』(1982年に35億円、1983年に94億円でぶっちぎり1位)や、冒険アクションの大傑作『インディ・ジョーンズ』シリーズの影響で、スティーブン・スピルバーグの名前がお茶の間レベルで浸透したことも印象深い。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)