「人生で一度きりのチャンス!」あの名監督ハル・ハートがクラウドファンディング募集中の意外な理由とは?

「人生で一度きりのチャンス!」あの名監督ハル・ハートがクラウドファンディング募集中の意外な理由とは?

’90年代に人気を博した映画監督ハル・ハートリー

 NYインディーズシーンの旗手として’90年代に人気を博した名監督ハル・ハートリー。『トラスト・ミー』『シンプルメン』など、切なさと清涼感をあわせ持った傑作で知られ、’95年発表の『フラート』では東京ロケを敢行。永瀬正敏や二階堂美穂ら日本の俳優も出演し、二階堂美穂とはプライベートでも結婚するなど(’13年に円満離婚)日本との関わりも少なくない。

 そのハートリーが自作「ヘンリー・フール三部作」のBOXセットをリリースするために、現在クラウドファンディングを行っている(〆切は7月13日)。第一作の『ヘンリー・フール』(’97年)は日本でも劇場公開されたが、第二作の『フェイ・グリム』(’06年)と最終作『ネッド・ライフル』(’14年)は未公開。そして3作ともDVDやBlu-rayがリリースされておらず、長らく観ることが叶わない“幻”の状態が続いていた。

 ハートリーの目的は、「三部作」をHDリマスターで、日本語を含む5か国語の字幕を付けてリリースすること。「これが『ヘンリー・フール三部作』をちゃんとした形で観てもらえる人生で一度きりのチャンスになると思う」と切実な事情を明かす。『フェイ・グリム』は権利を別の会社が持っており、長い交渉の末に「“三部作”というパッケージの一本としてならリリースしても構わない」という話までこぎつけたのだという。

 ハートリーにとってクラウドファンディングで出資を募るのは3度目。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)