20代女子が痛いほど実感!? 自分がセフレにされているか一発でわかる方法

20代女子が痛いほど実感!? 自分がセフレにされているか一発でわかる方法

「私の友達と飲もうよ」はセフレのしたたかな戦略だった

「一度、私の友だちに会ってくれない?」

 先日、セフレの軽い誘いに応じて食事をすることになったMさん(33歳・男性・マスコミ勤務)。

「職場の親友とご飯食べるから、一緒に来ない? と言われて、スケジュールが空いていたので参加することにしたんです。ちなみに、セフレとは1ヶ月前にマッチングアプリPairsで知り合いました。彼女とはアプリ経由で知り合ったため、当然ながら共通の知り合いはゼロ。それがセフレにするのに好都合だったんですよね」

 最初、友人を交えた食事の誘いに驚いたMさんだったが、少人数なら気にすることもないだろうと軽い気持ちで了承した。

 しかし、当日指定された恵比寿のスペインバルにMさんが足を運ぶと、なぜか案内されたのはテーブル席ではなく奥の個室。

◆待っていたのは彼女の女友達10人

 嫌な予感は的中した。

「そこには12人中女性が10人を占める団体客がおり、みんなこちらを向いて『初めまして』と笑顔で迎えられて。セフレから『これ、みんな職場の友達なんだよ〜』と言われてやられたと思いましたね」

 セフレの美佳さんの職業は看護師。大きな病院勤務のため、在籍スタッフの数も多く、女子会が頻繁に開催されるという。そんな大規模な食事会だとは想像だにしなかったMさんは、戸惑いつつも席に付き、会話の輪に入った。

 驚いたことに、同僚の中で未婚なのはMさんのセフレ美佳さんを含め3人だけ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)