やすし・きよし、紳助・竜介、B&B…キラ星のごとく輝いた80年代芸人列伝

やすし・きよし、紳助・竜介、B&B…キラ星のごとく輝いた80年代芸人列伝

島田紳助・松本竜介

 今日に至るまでお笑い界の頂点に君臨し続けるBIG3がその存在を確固たるものにしたのは世の中がバブル景気に足を踏み入れようとしていた最中のこと。空前のマンザイブームからスタートした80年代は綺羅星のごとく輝くお笑い界のスターたちが数多く誕生した時代でもある。現代お笑い史において、極めて重要な意味を持つこの10年にはいったい何が起きていて、その蠢動は何をもたらしたのか。賞レースを総なめにした元人気漫才師にして現在は文筆家としてその才覚を発揮するユウキロック氏が80年代に起きた“革命”をひも解く。

 1979年に始まった関西テレビ制作の全国放送番組「花王名人劇場」。この番組はドラマやコメディのみならず落語や漫才を週替りで放送する番組であった。開始当初、裏番組であるドラマ「日曜劇場」(TBS系)に視聴率で後塵を拝したが、起死回生の一打となったのが「おかしなおかしな漫才同窓会」という漫才を全面に打ち出した企画である。さらにそこから漫才で攻勢をかけた「花王名人劇場」は、その後11年間続く人気番組となった。その番組からは、関西の劇場で揉まれに揉まれた若手漫才師たちの足音が聞こえてきてきた。

◆群雄割拠のマンザイブームが到来

 機は熟した。1980年4月1日、『THE MANZAI』(フジテレビ系)がスタート。世の中にマンザイブームが到来した。

 リーダー格の横山やすし・西川きよしを筆頭に、お揃いのスーツがお決まりだった漫才師の衣装を捨てて、つなぎの衣装に身を包み「ツッパリ漫才」を標榜した島田紳助・松本竜介、速射砲のようなしゃべくりと相方いじり、「もみじ饅頭」のギャグで人気者となり、お昼の帯番組『笑っている場合ですよ』の司会に抜擢されたB&Bが大活躍。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)