「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.

「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.

「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.の画像

『下町ロケット』や「半沢直樹」シリーズなど、もはや説明不要な大ヒットドラマの原作者として、今もっとも引く手あまたの作家、池井戸潤。サラリーマンはもちろん、若い世代からも絶大な支持を集める人気作家が6年ぶりにSPA!登場。政府主導による「働き方改革」が叫ばれる昨今、我々サラリーマンや企業を彼はどう見ているのか――

――前回、ご登場いただいたのは’11年、ちょうど『下町ロケット』で直木賞を受賞されたタイミングでした。その後、「半沢」シリーズがテレビドラマ化され驚異的な視聴率を記録し、メディアから注目を浴びる機会も激増したと思います。生活の変化や、執筆に影響が出るようなことはありましたか。

池井戸:いや、全然ないですよ。

――取材が殺到して困ったことは?

池井戸:引き受けるのは刊行直後だけにして、あとは断っちゃいますから。作家生活を維持するにはいくつかコツがあるんです。例えば、テレビやラジオには出ないとか、講演をやらないとか、政治家とはなるべく付き合わないとかね(笑)。それだけちゃんと守っておけば大丈夫。

――ご自身の働き方が確立されているんですね。最近では「プレミアムフライデー」の導入など、世の中全体が働き方の見直しを求められているのかな、という気もします。

池井戸:仕事を楽しんでいるかどうかっていうのはすごく大きいと思うんですよね。嫌々やってる人にとっての朝の8時から夜中の12時まで働くのは苦痛以外の何ものでもない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)