転職して年収が下がった30代男の現実「ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”に」

転職して年収が下がった30代男の現実「ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”に」

転職して年収が下がった30代男の現実「ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”に」の画像

 有効求人倍率がバブル期を超えたと話題だ。こんな景気のいいニュースを聞いて「今が転職のチャンスかも!」と思った人は少なくないだろう。しかし、厚労省の統計によると転職者の約3分の1は年収が下がっている。つまり、決して手放しで喜べる状況ではないのだ。では、希望に溢れた転職者を“転職貧乏”に追い込む要因は一体何なのか。あるケースを紹介しよう。

◆夢を追って何不自由ない大手企業にサラバ

佐藤雅哉さん(仮名・33歳・未婚)

【転職した結果】年収600万円→年収350万円

 明治大学を卒業し、誰もが知っている家電メーカーに新卒で入社。順風満帆な人生を歩んできた佐藤さんだが、年収が半分近くまで落ち込む異業種への転職を33歳で断行した。

「給料も悪くなく、最後の部署は仕事もラクでしたが、40代、50代の先輩は常にどんよりした顔で仕事をしていました。そんなときに、広告のプランナーの友人が、好きなことを仕事にしながら1000万近くの年収を稼いでいると聞いて。尖ったことを提案できる仕事の内容も面白そうで、そこから転職を検討しはじめたんです」

 在職中からコピーライター養成講座に通い、転職エージェントも活用。転職の準備は1年ほどの時間をかけて周到に行った。

「ただ、30代・未経験での広告業界への転職となると、話を聞いてくれる企業は少なくて。覚悟はできていましたが、年齢を言って顔をしかめられたこともありました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)