ニューヒロイン登場でメダルの期待が高まる「ウィルチェアーラグビー」とは?

ニューヒロイン登場でメダルの期待が高まる「ウィルチェアーラグビー」とは?

女子選手としては初の日本代表となると倉橋さん

〜今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第47回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

 先日、2020年東京五輪で採用される新種目が発表されました。キーワードとなるのは「男女混合」。女性アスリートの参画を促そうというIOCの大方針を受けて、「卓球・男女混合ダブルス」「柔道・男女混合団体」「陸上・男女混合4×400メートルリレー」など多くの男女混合種目が追加されました。

 これは日本においてもうれしい話。世界ではまだまだ女性がスポーツをしていられないような国もある中で、日本の女性たちの強さを活かせるのですから。サッカーで世界一になったのはなでしこジャパン、東洋の魔女ももちろん女性、バスケやホッケーで五輪に出ているのは近年は女子代表だけ。団体競技で見られる「日本女子>日本男子」の構図が、男女混合種目での後押しとなるのではないか。そんな期待感も生まれます。

 そんな中、一歩先行する形で男女混合化……というか男女の区別なく行なわれる競技はパラリンピックのほうには数多くあります。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)