ディスコ文化とモテを振り返る――“聖地”六本木スクエアビル、マハラジャ、ゴールドそしてジュリアナ東京

ディスコ文化とモテを振り返る――“聖地”六本木スクエアビル、マハラジャ、ゴールドそしてジュリアナ東京

ディスコ文化とモテを振り返る――“聖地”六本木スクエアビル、マハラジャ、ゴールドそしてジュリアナ東京の画像

 バブル前夜に多感な10〜20代を過ごした人たちがあのころの思い出に浸るとき、テッパンとして、つい盛り上がってしまうのが「ディスコ」ネタ。とはいえ、さすがにもう30年近くも前のうろ覚えゆえ、誰も彼もが口にする時代考証は案外あやふやだったりする。そんなわけで、とりあえずは点在する記憶を整頓し、「ディスコの歴史」を時系列に沿って振り返ることからはじめてみよう。

 まず、80年代最初のディスコブームは、1980〜1984年のムーブメントで、別名「サーファーディスコブーム」とも呼ばれていた。

 まだ有名ディスコの数々が新宿や渋谷という従来の繁華街に乱立していたなか、「ネペンタ」や「ギゼ」などがあった六本木スクエアビルが“聖地”とされ、多くの店が「男性客のみ入店不可」を掲げていた。同伴できるギャル(当時は若い女性のことをすべてひっくるめて「ギャル」と称していた)がいない男は、エントランス周辺で「お願い! 一緒に入るだけでいいから!!」とナンパに勤しみ、チークタイムを過ごせる新たなギャルを捕獲するため、店内を徘徊しまわっていた。

 もちろん、独壇場とばかりにモテまくっていたのは、ガングロ・口ヒゲ&長髪マッシュルームカットのサーファーだけで、ディスコにおける「モテる・モテない」のヒエラルキーがやんわりとではあるが、このころから確実に形成されつつあった。

 そんな、どこかやさぐれていてアウトローだったこれまでのディスコのイメージをガラリと変えたのが、1984〜1988年のディスコブーム。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)