青い目をした“日本人”ジャーナリストが「トランプ現象」を総括する

青い目をした“日本人”ジャーナリストが「トランプ現象」を総括する

ブレグジット(英のEU離脱)の次は、トランプ現象を巻き起こした“トレクジット”(トランプによる既存体制からの離脱)、そして被災地で生まれつつある日本の“ジェクジット”に連なる世界的な潮流が起きている」と話すケン・ジョセフ氏

「実は、2008年の大統領選でオバマを支持した人々が、今度はトランプを大統領に当選させたのです」――。

 ジャーナリストのケン・ジョセフは、いまだに世界が戸惑っている“トランプ現象”をこう読み解いた。

 ボランティア活動家でもあるジョセフは、海外ではロスアンゼルス地震、イラン地震、国内では阪神大震災、東日本大震災、最近では熊本地震など、現地に駆け付けては被災者支援を精力的に行っている。そんな経験から培った“現場感”が、ジャーナリストとしての視点を研ぎ澄ましているのだろう。

 昨年の米大統領選では、日本のジャーナリストとして唯一トランプタワーの選対に入ることができた筆者とともに、ジョセフも取材に勤しんだ。

「オバマとトランプは思想が180度違うので一見わかりにくいが、実際に取材してみると、2人の大統領を誕生させたのは、ともに『声なき人々』だった。権力からその存在を無視されてきた彼らにすれば、思想は右でも左でも構わないから、自分たちの声に耳を傾けてくれる大統領を望んだというわけです。ところが、こうした構図を米日のメディアはなかなか理解できないでいる……」

 米日の既存メディアは大統領選の予想をことごとく外した。

 ただ、トランプの当確が出るや否や、アメリカのメディアはなぜ間違えたかを検証する作業に取り掛かったが、日本では『なぜアメリカのメディアは間違えたか?』という論調に終始し、自らの過ちを顧みることさえしない……。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)