アカウントを凍結された外山恒一氏がツイッター社に直接抗議に行ったら、あっさりと解除された顛末

アカウントを凍結された外山恒一氏がツイッター社に直接抗議に行ったら、あっさりと解除された顛末

アカウントを凍結された外山恒一氏がツイッター社に直接抗議に行ったら、あっさりと解除された顛末の画像

 2017年6月23日、都議選開始の日に都議選とまったく関係ない外山恒一氏があえてテロリストを自称し「共謀罪反対」の街宣をやるようだ――。そんな情報を聞きつけた我々は街宣車に同乗し取材を行っていた。その途中、都内某所で街宣車を停める外山氏。

 何でも、ツイッターのアカウントを数か月に渡り凍結されており、メールを送っても埒が明かず、これからツイッター社へ直接抗議に行くとのこと。「取材に来ますか?」と言われたが、路上での街宣を取材するならまだしも、この件で私企業内にアポなし取材の形で侵入する大義はないと判断。「それには我々は関与しません」と街宣車の中で待機することに。どうせ急に会社を訪れても対応されないだろう、と高をくくりながら待つこと40分ほど、戻ってきた外山氏は「試合に勝って、勝負に負けた」と微妙な表情を見せることとなった……。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1358544

――都議選期間中の街宣(参照記事:「『共謀罪をものともせず』自称テロリスト・外山恒一が都内を街宣中」)、お疲れさまでした。

外山:べつに都議選に合わせてやってたわけではありませんよ。都議選とは何の関係もない用事で上京して、たまたま時期が重なっただけです。ふだん九州でやってるのとまったく同じスタイルの街宣を、“都議選をものともせず”敢行したまでのことです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)