夏に飲むべき日本酒は濁り酒のワケ ビジネスマンのための一目おかれる酒知識

夏に飲むべき日本酒は濁り酒のワケ ビジネスマンのための一目おかれる酒知識

暑い時期、冷酒を選ぶだけでなく濁り酒をチョイスすることで、さらに日本酒の世界が広がる

〜ビジネスマンのための一目おかれる酒知識 第6回日本酒編その3〜

 ビジネスマンであれば、酒好きでなくても接待や会食で酒に親しむ機会は多いです。そして多くの人は「それなりに酒に詳しい」と思っているはず。しかし、生半可な知識、思い込みや勘違いは危険。飲み会の席で得意げに披露した知識が間違っていたら、評価はガタ落ちです。酒をビジネスマンのたしなみとして正しく楽しむために「なんとなく知っているけどモヤモヤしていた」疑問を、世界中の酒を飲み歩いた「酔っぱライター」江口まゆみがわかりやすく解説します。

◆夏に味わいたい濁り酒

 白く濁った日本酒を、なんと呼んでいますか? 通常は「濁り酒」と言いますよね。でも、あまりお酒に詳しくない人は、「どぶろく」と言ったりします。実際、どぶろくをもじったような名称の濁り酒もあったりして、混乱を助長させているような気がします。

 じつは酒税法上、濁り酒とどぶろくはまったく違います。清酒の定義は「米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、漉したもの」となっていますので、漉さないと清酒とは言えないのです。ですから清酒とはすべからく澄んでいなくてはいけません。ではなぜ、濁り酒というものが存在するのでしょうか。

◆濁り酒とどぶろくの違い

 その前にまず、どぶろくとはなんでしょう。漉(こ)してない酒、すなわち醪(もろみ)の状態のことです。醪なら、酒蔵の取材でたまに味見をさせてもらうことがあります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)