クルマvs時計。男の贅沢品で10年後もお得なのは?「価値が残る買い物」の極意を教えます

クルマvs時計。男の贅沢品で10年後もお得なのは?「価値が残る買い物」の極意を教えます

W220 S600L

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。サラリーマンや公務員の方には夏のボーナスが支給されましたが、今年のボーナスの平均支給額は約83万円とのこと。私からすると、83万円という額はとても多いと感じますが、毎年ボーナスをもらえることが当たり前という感覚の人にとっては、「少ない」という捉え方もあるようです。

 さて、今回はボーナスの季節ということもあり、贅沢品を買うことをシミュレーション。男の贅沢品といえば、腕時計とクルマですが、同じ贅沢品でもどちらが“お得”かを検証したいと思います。とはいえ、腕時計投資家が書く文章ですから、もう結論はおわかりでしょう。

◆クルマの事例1 メルセデス・ベンツ

 高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツ。そのベンツのなかでも高いのがS600Lです。バブルのころには560SELというグレードだったこのクルマ。V12の600となってからは2000万円というレベルに到達しました。バブル崩壊後の90年代後半から2005年ごろまでは、一時的に1500万円前後だったこともありますが、大体2000万円という価格帯のクルマです。

 さて、このS600Lを新車で買ったとして、ずっと乗り続けていたらいくらになるでしょうか?

 答えは、0円です。

 厳密にいうと、3リッタークラス以上のクルマは解体業者が3万円で引き取ってくれることもあるため、3万円分の価値は残りますが、本体価格1500万円に対して3万円の価値しか残らないわけですから、残存価額率は0.2%と極めて低い数値です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)