“山P”こと山下智久の芝居論「若手の頃と同じメンテナンスじゃダメ」

“山P”こと山下智久の芝居論「若手の頃と同じメンテナンスじゃダメ」

“山P”こと山下智久の芝居論「若手の頃と同じメンテナンスじゃダメ」の画像

日本初にして唯一のドクターヘリをテーマに取り上げたドラマ『コード・ブルー』。フライトドクターを目指す若者たちの姿を描いた本シリーズは’08年に放送されると、たちまち大きな反響を呼び、続編も大ヒットを記録した。7年ぶりの新シリーズに挑む山下智久は今、何を思うのか? 鮮やかに描かれる「山P」の軌跡と内に秘める情熱に迫る!

――『コード・ブルー』ファーストシーズンは9年も前になります。振り返っていかがですか?

山下:撮影前にすべて見返してみると、もちろんドラマは面白いですけど、自分としては少し恥ずかしかったですね。23歳だった当時はまだわかっていない部分が多くて。

――当時は「(山下が演じる)藍沢耕作と自分は似ていない」とおっしゃっていましたが。

山下:藍沢は、自分の腕を磨くことに貪欲な野心家という設定。今も根本的には似てないと思うんですけど、長年演じるうちに自分のスキルを極めていくところや、新しいものが好きというところは似ていると気づきました。現状で満足せずに、10年後、20年後を見据えて生きているというところにも、とても共感しますね。

――山下さんはしなやかなイメージの一方で、役づくりはかなりストイックにされている印象があります。今回の医師の役もそうですし、以前はボクサーを演じるために減量したり。どのように課題を設定し、準備していくのですか?

山下:ボクシングのときは、まず肉体をつくらないと、見る人が作品に入り込めない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)