ジョニー・エースの“A”のカード――フミ斎藤のプロレス読本#044【全日本ガイジン編エピソード13】

ジョニー・エースの“A”のカード――フミ斎藤のプロレス読本#044【全日本ガイジン編エピソード13】

『フミ斎藤のプロレス読本』#044は、ジョニー・エースが自分でプロデュースした“A”のカード。全日本プロレスをホームリングにした外国人選手たちの心がまえとは(写真はジョニー・エースの“A”カード非売品より)

 199X年

 カードはハート、ダイヤ、クラブ、スペードの4枚。もちろん、数字は“A(エース)”で、カードの裏側にはモノクロのポーズ写真がプリントされている。これがジョニー・エースのご自慢のオリジナル・グッズだ。

 いまのところ非売品だから、なかなか手に入らないレアなアイテムということになっている。

 エースは、この“A”のカードを毎晩、リングの上から観客席に投げ込んでいる。1日に20枚くらいバラまいたとして、1シリーズで約400枚、1年間で4、5000枚のカードが日本じゅうにまき散らされることになる。

 この作業を2、3年つづければ、“A”のカードは全日本プロレスの隠れた名物になるかもしれない。カードの裏側には1枚ずつていねいに直筆のサインを入れてある。エースは用意周到にものごとを考えるタイプである。

 オールジャパンについて語るときのエースは、好んで“We(わたしたち)”という表現を用いる。オールジャパンのリングは、日本人選手トップ5と外国人選手トップ5の時代に入った、とエースは力説する。

 ジャパニーズの5人は三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太、そして秋山準。ガイジンの5人はスタン・ハンセン、スティーブ・ウィリアムス、ゲーリー・オブライト、ジョニー・エース、ザ・パトリオット。ボスのジャイアント馬場は、日本人サイドの“四天王”が“五強”へとシフトしつつあることをちゃんとわかっている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)