官僚もビックリ! トンネルを抜けた先の異空間のごときループに日本の道路行政の闇を見た

官僚もビックリ! トンネルを抜けた先の異空間のごときループに日本の道路行政の闇を見た

喬木インター のループ

 「酷道」という言葉がある。酷(ひど)い道と国道を掛け合わせた造語で、難所を持つ国道のことを指す。その代表的一例が、長野県上田市から静岡県浜松市までを結ぶ国道152号線だ。

 なぜ152号線が酷道かというと、日本列島を貫く「中央構造線」という大断層地帯の直上にあるからだ。現在でも152号線は、地蔵峠と青崩峠の2カ所で、あまりにも地質が脆くトンネルを掘れないために途切れており、その区間は林道を迂回しなくてはならない。

 その国道152号線沿いに、高速道路が計画されていることを知る者は多くはあるまい。その名を「三遠南信自動車道」という。今回はその予定路線に沿って、現状を見聞してきた。

 中央道を松川インターで降り、大鹿村を目指す。県道59号線はすでにかなりの酷道。渓谷に沿ってクネクネと上って行く。ようやく出た谷間に、大鹿村役場があった。しかし周囲に人家はまばら。そこからは南北に狭い地峡が続く。この谷こそが中央構造線だ。

 数km南下すると、「中央構造線博物館」がある。観光資源がほとんどないこの地域の貴重な見どころだが、月曜・火曜は休館日。無念の涙を飲みつつ、敷地内一面に展示された石の標本を見て満足する。

 さらに南へ下ると、国道は猛烈に狭くなった。基本1車線でクルマのすれ違いは不可能。「これが国道か」という感動に包まれ、対向車に身構えつつ前進するが、すれ違ったのは郵便配達のカブだけ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)