「目標」と「目的」は違う。成功するには両方必要【魂が燃えるビジネス】

「目標」と「目的」は違う。成功するには両方必要【魂が燃えるビジネス】

「目標」と「目的」は違う。成功するには両方必要【魂が燃えるビジネス】の画像

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第7回

「成功しないのは目標を紙に書かないから」「目標を明確にすれば何をすればいいかわかるようになる」

 ビジネス書や自己啓発書を開くと、必ずといっていいほど「目標設定」について書かれています。しかし、言われた通りに目標を設定しても、その目標に集中できるようには、なかなかなりません。

 たしかに目標を明確にすれば、「何をすればいいか」はわかるようになります。しかし、「わかったことをやりたいかどうか」はまた別の話です。

 最初の数日は「やるぞ!」と思っていても、あっという間にどうでもよくなってしまう。半年後には目標を書いた紙が埃まみれで、色褪せて、壁にぶら下がっているだけ、なんてハナシも珍しくありません。年末には、志もいっしょにゴミ箱行きが確定です。

 ああいった本はなかなか押しが強いので、読んでいると「それだけが原因」のように思えてきます。例えば今回なら、目標設定をしなかったことだけが原因で、それを満たせば成功する、といった感じです。

 しかし、社会や人間の心は想像以上に複雑です。ビジネスも勉強もダイエットも人間関係も「○○だけ」で成功することはほとんどありません。もし成功したのだとしたら、それは今までの積み重ねでたまたま条件が揃っていたのだ、と考えたほうが無難でしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)