スペイン・バルセロナで太陽のように眩しい裸体を発見――死ぬまでに行きたいヌーディストビーチ【南欧編】

スペイン・バルセロナで太陽のように眩しい裸体を発見――死ぬまでに行きたいヌーディストビーチ【南欧編】

たまたまゲイのイベントが開催中で数日間はゲイだらけ

ギャンブルだけで世界を6周したプロギャンブラーのぶき。この男のもう一つの顔は「ヌーディストビーチ評論家」だった(なんじゃそりゃ!)。前回、コペンハーゲンのベルビュービーチを訪れたところ、夏とはいえない寒さで独りヌーディストビーチだった――という、文字どおり“サムすぎる”結末に巻き返しを図るべく、今回は南欧編をお送りいたします。

〈第38回 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチを紹介するよ【南欧編】〉

 世界には、ヌーディストビーチがある。このいんびな響きを脳内から消し去れるのは、仙人くらいだろう。全裸っすよ、全裸。生まれたまんまのお姿。今回がヌーディストビーチ記事の第3弾。

 未体験のことにトライするのは……テッテレ〜♪ 人生経験のレベルアップ。ぜひ裸族に! エロじゃないっす、人生経験っす!

【勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ!】by 人生の賭け方

 まずは、行く前の情報収集が大事。ヌーディストビーチがある国は限られている。ガイドブック「地球の歩き方」に掲載されるほどの有名なヌーディストビーチは、世界でもわずか。世界6周している間に、調べまくって行きまくった。比較すると、白人とキリスト教徒の多い国にはヌーディストビーチが存在しがちだ。

 どうやらナチュリストと呼ぶらしい。ならば、僕の呼び名も「ナチュリスト」へ変更しちゃおうかな。

 どうせなら、若い娘が来ていそうなビーチを狙いたい。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)