「ブラック労働」がなかなか発覚しない理由

「ブラック労働」がなかなか発覚しない理由

「ブラック労働」がなかなか発覚しない理由の画像

 飲食店員は涙を流し、運送業界は悲鳴をあげる……昨今、人手不足や薄給による労働問題は枚挙にいとまがない。しかし、待遇は安定、人員も潤沢な業界からも「ウチもブラックだ」と怨嗟の声が聞こえているのだ……。

◆高待遇、社会的地位がブラック労働発覚の足枷に

 狭い世界で忠実に働き続ける労働者は、自分が今いる場所の異常さになかなか気づけない。警察官や学校の教師など地方公務員は、文字通り“公僕”状態に置かれ、仏に仕える者たちは救いのない暗黒浄土を右往左往している。労働問題についての悩み相談に、親身に応え続けて29年になるNPO法人「労働相談センター」事務局長の菅野存氏は、近年のブラック労働の広がりをこう評する。

「ブラックの印象が薄かった業界も、実は『隠れブラック』であると認知されるようになりました。しかし、これらの業界が抱える問題は、居酒屋業界や運送業界など従来から知られたブラック業界と本質的には同じです。労働者に対する搾取の構造はどんな業界にもあって、今まで外部からは見えていなかったけれど、いよいよ可視化されてきたということです」

 これまでブラック労働の定義と言えば、「薄給激務」が典型だった。一方、警察官や教師の世界では、「きついパワハラを受けているが、給与面や社会的地位には満足しているので、なかなか辞められない」と精神的な理不尽を甘んじて受けとめる事例が目立つという。“経営者の儲けのための奴隷的なブラック労働”から、問題は次のステージへ移行しているようだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)