肩パッド、DCブランド、丸井の赤いカードでローンを組む…80年代若者のファッション

肩パッド、DCブランド、丸井の赤いカードでローンを組む…80年代若者のファッション

左より、石原壮一郎、マイケル富岡、山田ゴメス

インターナショナルスクールに通いつつ、10代でモデルやDJとして活躍していたマイケル富岡(1961年生まれの55歳)。関西の大学でテニスサークルに所属し、最大公約数的なキャンパス生活を過ごしながら卒業後に就職のため上京。画材屋でレジを打つ毎日だった山田ゴメス(1962年生まれの54歳)。埼玉県の大学に通うため三重県から上京。学生時代はミニコミ誌制作に明け暮れ、その流れで出版社に潜り込み、編集者として働くようになった石原壮一郎(1963年生まれの53歳)。甘えと責任がアンニュイに絡みつく10代前半から20代を80年代とともに過ごした彼らの目に、バブル経済へと向かう時代の高揚感や光景は、どのように映っていたのだろう?

◆アパートはボロでも洋服にはお金をかけた

山田ゴメス(以下、ゴメス):この時代、何はともあれ洋服にやたらとお金をかけてましたよね? ディスコのドレスコード対策もあったんでしょうけど……。

マイケル富岡(以下、マイケル):あのころは、DCブランド(※1)が全盛期で、肩パッド(※2)がたくさん入っている服を着てた。僕なんか最高で3枚も入れていた(笑)。当時は今よりも流行りのファッションがわかりやすかったよね。みんな30万〜50万円の洋服を、丸井でローンを組んで平気でバンバン買っていた。今じゃあり得ない。

石原壮一郎(以下、石原): 丸井の赤いカード! 私も社会人になったばかりのころ、丸井の中にあったタカキュー(※3)でローンを組んで、スーツを買いました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)