クロファットはガイジン組のムードメーカー――フミ斎藤のプロレス読本#048【全日本プロレスgaijin編エピソード16】

クロファットはガイジン組のムードメーカー――フミ斎藤のプロレス読本#048【全日本プロレスgaijin編エピソード16】

『フミ斎藤のプロレス読本』#048は、全日本プロレスのガイジン組のムードメーカー、ダニー・クロファットのつぶやき。日本武道館のリングでは、ガイジン組による6人タッグマッチが組まれていた(写真はWWEオフィシャル・パブリシティ・フォトより)

 199X年

「いいなあー、ガイジンの試合って……」

 日本武道館のアリーナ席の後ろのほうで、20代後半くらいの男性ファンが独り言のようにつぶやいた。

 リングの上では6人の外国人レスラーたちが“ふた手”に分かれてハイスパートhigh spotの品評会みたいな試合をくり広げていた。

 ジョニー・エース&ザ・パトリオット&ジョニー・スミス対ダニー・クロファット&ダグ・ファーナス&マイク・アンソニー。

 ガイジン、ガイジンといっても正確にはアメリカ人が3人とカナダ人がふたりとイギリス人がひとり。ダニー・クロファットが両手で中指を突き立てて“ファック・ユー”のポーズをキメると、ジョニー・エースはお得意の“ピース”でこれに応じた。主要カードからこぼれてしまったガイジンは前座の6人タッグマッチに押し込まれていた。

 クロファットは、全日本プロレスの外国人選手団の巡業部長のようなポジションを受け持っている。シリーズ中は、クロファットが泊まっている部屋がガイジン組の集合ラウンジになる。

 ロブ・ヴァン・ダムとか、マイク・アンソニーとか、まだ日本に慣れていないニューフェースはあまりホテルから外に出ようとしない。なにをするにもクロファット先輩のガイダンスをあおぐことになる。

 それほど広いとはいえないシングルルームのドアはいつも開けっぱなしになっている。ちいさなテーブルの上にはCDプレーヤーとミニ・スピーカーがセッティングされていて、気にならない程度のボリュームで音楽が流れている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)