ビーチには「水着禁止」の標識――全裸愛好家が集まる世界のアイランド 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチ【孤島編】

ビーチには「水着禁止」の標識――全裸愛好家が集まる世界のアイランド 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチ【孤島編】

観光地ドブロヴニク近くのヌーディストビーチは岩場

気温が上がらず一人ヌーディストビーチと化したデンマーク・コペンハーゲン、ゲイイベントの真っ最中で、男のマッチョ率が高かったスペイン・バルセロナ……。これまでの反省を生かすべく、今回は全裸になるべく訪れる真の愛好家たちが群がる、ヌーディスト・アイランドを訪問します。

〈第39回 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチを紹介するよ【孤島編】〉

 諸君! 今日は重大な情報をシェアしたい! 世の中には、なんと……ヌーディスト・アイランドなるものがある。今回がヌーディスト系記事の第4弾。バカンス色の強いヌーディスト・アイランドだと、みんながヌーディストとなるために島へ訪れる。つまり、ヌーディスト率は高めと予測。みんなが同じ目的なので、楽しい雰囲気にもなると予測。デメリットは、島へ船かエアーで入るので、お金が余計にかかるのと、宿泊施設がないところは日帰りになってしまう点。

★人気ヌーディスト・アイランド4選

・その壱 南仏ルヴァン島

 宿泊施設が島にないので、日帰りになる。イエールHyeres港から船で1.5時間。1日1〜4便。ラ・バンドゥールから船で26ユーロ(約3250円)。夏は1日6本。7:45〜19:30

・その弐 スペインのイビサ島と南隣りのフォルメンテーラ島

 世界のパーティーシーンをけん引しているバカンスの場所のひとつ、イビサ島。楽しいのは間違いない。けど、ゲイのスポットとしても有名な島。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)