なぜ芸能界とキャバクラはギャラで揉めるのか【コラムニスト木村和久】

なぜ芸能界とキャバクラはギャラで揉めるのか【コラムニスト木村和久】

なぜ芸能界とキャバクラはギャラで揉めるのか【コラムニスト木村和久】の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その169 ―

 最近芸能界で「ギャラが安い」と言って不満を語る、特に女性タレントが多いのですが、これはどういうことでしょうか。ギャラの安さを客観的に数値比較をしたとは思えません。きっと誰かに「あの人はたくさん貰っているみたいよ。あなたは安くない?」なんて言われたのでしょう。こういう噂話の域を越えてない情報交換は、女性が集まる職場で頻繁に起こりがちです。

 噂が大好きな職場といえば、なんと言ってもテレビ局の楽屋やメイク室ですよね。週刊誌ネタからファッション・コスメ情報、そして自らの武勇伝まで情報は玉石混交ながら、ハイテンションかつハイスピードで伝達されます。ひどいと本番のスタジオで「P音」を入れながら、そのままオンエアなんてこともあります。

 続いて、噂の総本山といえば、キャバクラのお着替えルーム、あるいはお店の中の待機スペースです。ここは「誰が枕営業をしているか」とか「どこそこの店では時給が5000円出る」とか「某ファッションビルでバーゲンが始まった」に至るまで、有意義な情報がもたらされます。

 そして、芸能界とキャバクラ、この2つの職場を括る共通項は「全員が参加していない」ということ。休んでいる人のほうが圧倒的に多い。つまり、みんな一同に集まれないからこそ、ほかの人が気になるのです。情報飢餓状態とでも言うのでしょうか。それに加えて、疑心暗鬼が加速し、人がいっぱい集まる場所でみなさん何を喋っているのか気になってしょうがないのです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)