ジャスティンはお父さんに“誕生日おめでとう”の電話をかけた――フミ斎藤のプロレス読本#049【全日本プロレスgaijin編エピソード17】

ジャスティンはお父さんに“誕生日おめでとう”の電話をかけた――フミ斎藤のプロレス読本#049【全日本プロレスgaijin編エピソード17】

『フミ斎藤のプロレス読本』#049は、ハーリー・レイスの息子ジャスティンの日本での留学生活からのひとコマ。少年時代に父に連れられて日本にやって来たジャスティンは、大学を卒業したあと、バックパッカーとしてまた日本に戻ってきた(Photo Credit:Fumi Saito)

 199X年

 ジャスティンは「エイト・ハンドレッド・カンジーズ」といって胸をはった。“漢字だって800字も書けるんだぜ”なんて字幕スーパーが飛び出してきそうな感じだった。

 ジャスティンはカンガク(関西学院大学)で日本語を勉強しているアメリカ人留学生だ。アメリカの大学を卒業してから、バックパッカーとして日本にやって来て、大阪の一般家庭にホームステイしながら、半年間、ジャパニーズの集中講義を受けた。

 ジャスティンは、カンザスシティーにいる父親にハッピー・バースデーの電話をかけようとしていた。お父さんは51回めの誕生日を迎えたばかりらしい。

 両親は離婚していて、大学に入るときに実家を出たジャスティンは、いまは別べつにふたりと連絡をとっている。ひとりっ子だから、そうするより仕方がない。お父さんのスケジュール、というかライフスタイルはよくわかっている。

「ひと晩じゅうドライブをして、明け方に家に戻ったところだなんだよ、きっと」

 ジャスティンのお父さんは、アメリカ国内だったらどんなに遠いところでもだいたいの場合、車で行って車で帰ってくる。20時間くらいのドライブはなんとも思わない。ほんとうはいけないことだけれど、缶ビールを飲みながら時速120マイルくらいでフリーウェイをかっ飛ばすのが日常のワンシーンだ。そんなことを30年以上もつづけてきた。

 お父さんはたいへん有名な人だが、ジャスティン自身はお父さんの仕事にはそれほど興味がない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)