福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に

福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に

福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯にの画像

「福島の大麻が“すごい”らしい。一昨年ほど前から愛好家の一部で話題となっていました」

 こう話すのは、ドラッグ事情に詳しい実話誌ライター。“すごい”というのは、大麻に含まれる陶酔成分の効きが“強い”という意味で、大麻愛好家からしてみれば“上質な大麻”。すなわちキマりやすい大麻、ということになる。危険ドラッグの規制により、大麻や覚せい剤への“回帰”が指摘されているドラッグ市場において、有名芸能人が大麻の所持や使用で逮捕されたり、全国各地の大麻コミュニティの存在が明らかになるなど、当局はかつてない体制で目を光らせているが、なぜ福島の大麻が注目されているのか。いわき市内に住むドラッグ愛好家が解説する。

「厳密に言えば福島産の大麻がすごい、ということではなく、福島在住の人間が扱う“ネタ”がすごいということ。福島のプッシャー(売人)の一部には、原発事故によって避難を余儀なくされた地域に住み、補償金をたっぷり貰っている連中がいる。新たに家を建てたり新車を買ったりしながら、自らも除染作業員として働く傍ら、大麻の栽培をしたり、海外の有名なブランド産大麻を密輸し、販売しているのです」

◆福島には、警察や行政の目が届かない場所が存在…

 かつて帰宅困難地域に指定されていたエリアの一部では、ほとんど無法地帯といってもいいような、警察や行政の目が届かない場所が存在しているともいう。彼らはそんな現状を逆手に取り、国内では所持や栽培が禁止されている大麻だけでなく、医師の処方でしか手に入らない向精神薬などの売買にも手を染めているのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)