「昔すごくブサイクな女のコに囲まれてうれしそうにしている人がいるなと思ってみたら嘉門達夫さんだった(笑)」越前屋俵太

「昔すごくブサイクな女のコに囲まれてうれしそうにしている人がいるなと思ってみたら嘉門達夫さんだった(笑)」越前屋俵太

越前屋俵太

80年代、類を見ない切り口でテレビ業界に新風を吹かした越前屋俵太(55)。常識はずれの演出で注目を集め、自身もタレントとして活躍の場を広げていった越前屋氏のバブル前夜の記憶とは? ユニークな発想と多彩な才能で時代を駆け抜けた寵児が今、改めて振り返る!

――関西出身の越前屋さんにとっての80年代の印象的な記憶はなんですか?

越前屋:1980年は僕が関西大学に入学した年で、1983年には、まだ大学生であったにもかかわらず、すでにテレビに出てました。道端で出会い頭にシャンプーしたり、たまたま見つけたモヒカンの兄ちゃんの頭で書道したりとか、もうメチャクチャしてました。

 どっちかといえば、テレビデビューする前の方がよく遊んでましたね。当然おカネもなかったんで、ディスコのなかに入らずに店の前で女のコを出待ちしてナンパをしてました。ストリートファイター系でしたね。だからデートはしてなかったです。だってそれ以前の問題で苦戦していましたから(笑)。

――当時の遊び場として、印象に残っているのは?

越前屋:大阪はマハラジャが全盛で、テレビに出るようになってからは、顔パスで入って、よく遊んでました。東京から村上里佳子ちゃんとかもよく来てましたね。ディスコには必ずVIPルームといわれる芸能人やお金持ちしか入れない特別室があって、ガラス張りで中が見えるようになってました。今、思うと見せ物みたいでとても恥ずかしいんですけど、当時はみんなVIPルームに入りたくて必死でした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)