偏差値67.5!圧倒的信頼感を築く“東大式ロジカルナンパ術”とは?

偏差値67.5!圧倒的信頼感を築く“東大式ロジカルナンパ術”とは?

偏差値67.5!圧倒的信頼感を築く“東大式ロジカルナンパ術”とは?の画像

 これまでSPA!では、京大卒や早稲田卒といった高学歴ナンパ師を取材してきた。俗に言う受験エリートである彼らが実践するナンパテクニックは、非常に論理的かつ合理的なものばかりだ。

 今回紹介するのは、東大卒ナンパ師の蓮氏(24歳)だ。蓮氏は日本の最高学府である東京大学の理科一類(偏差値67.5。スタディサプリ調べ)に入学後、工学部を卒業し、現在は誰もが知る金融系の大手企業でサラリーマンをしている。

 都内の中高一貫の私立男子校を卒業後、東大に入学した19歳からナンパを始めたという蓮氏の経験人数は300人を超えており、月の最高ゲット数は15人という凄腕のナンパ師だ。

 彼の極めて冷静かつロジカルなナンパ術のすべてを紹介しよう。

――ナンパを始めたきっかけは?

蓮氏:東大内でナンパに関するセミナーをやっていて、それに参加したのがきっかけです。勉強以外にこんな世界があるのかと、正直驚きましたね。当時から人生を面白くしたいという思いは強かったので、すぐに入会しました。そのセミナーを開いていたのはハーバードナンパスクールという団体で、今では私もこのスクールで講師をしています。

 やはり東大生と言うと、普通の人とは変わった方法でナンパしているのではないかと勘ぐってしまう。しかし……!

◆ナンパした女のパンツを集める東大卒ナンパ師

 蓮氏のナンパテクニックを説明する前に、何と言っても彼の最大の特徴は、SEXした女性の生脱ぎパンティを集めているところだろう。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)