女優・織田梨紗、出演2作目で主演に抜擢「強い女性に憧れがあるんです」

女優・織田梨紗、出演2作目で主演に抜擢「強い女性に憧れがあるんです」

女優・織田梨紗、出演2作目で主演に抜擢「強い女性に憧れがあるんです」の画像

「“戦わないことが正義”というメッセージを感じてほしいですね」

 こう話すのは女優・モデルの織田梨沙さん。もうすぐ終戦記念日(8月15日)を迎える――。1945年、太平洋戦争末期における激戦地のひとつとされる沖縄。戦火から遠く離れた小さな島で、だれも殺さない臆病な米兵と、敵と戦わない卑怯な日本兵、そして2人を見つめる少女の物語。8月4日(明日)より公開される映画『STAR SAND―星砂物語―』。

 脱走兵である日本人・岩淵隆康役には満島真之介さん、米兵・ボブ役にはブランドン・マクレランドさんなど、実力派が名を連ねる。主人公で日系アメリカ人の母親をもつ16歳の少女・梅野洋海役を演じるのは織田梨沙さんだ。

 ファッション系のモデルとしても活動する彼女。女優として映画に出演することは2度目ながら、今回は主役に抜擢。その心境や撮影の裏側、本作の見所を聞いてみた。

◆映画で描かれる平和への祈りと未来への希望…

<殺さないことは、臆病だった。戦わないことは、卑怯だった。平和を願うことは、危険だった>

 1945年4月、米軍が沖縄本島に上陸。戦争当時の価値観として、“戦わないことは裏切り”であった。しかし、戦うことが嫌になり軍を離れた「裏切り者」同士の日本兵と米兵が離島の洞窟で出会い、心を通わせていく。彼らの世話役となり、ときには通訳となって間に入る重要な役割を担うのが主人公の少女・洋海だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)