「ノーブラで渋谷を歩く…」雑誌の企画がきっかけで、爆乳AV女優になった女性のその後

「ノーブラで渋谷を歩く…」雑誌の企画がきっかけで、爆乳AV女優になった女性のその後

寺島志保さん

 世が好景気にまだ浮かれていた1988年6月に誕生した週刊SPA!。その後のバブル崩壊など社会情勢の変化の中、時代時代の女たちをどう切り取ってきたのか? いま一度、振り返る!

◆週刊SPA!に登場したことが発端で人気熟女AV嬢に!!

 ボディコン、コギャル、女子大生、人妻、JKなど、SPA!では時代の旬な素人女性たちで特集を組んできたが、過去誌面を彩った彼女たちのその後とは!? 追跡調査でまず驚かされたのが、’10年8月17・24日号「【ノーブラvs谷間ブラ】胸チラ33景」特集に登場した女性だ。

⇒【画像】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1362998

「当時は名古屋在住で、ネットで偶然知り合ったSPA!のライターさんに誘われて東京観光がてら取材に協力することに。企画はノーブラ状態で渋谷センター街を歩いて、男たちの視線をいくつ集められるかというトンデモな実験内容で……(笑)」

 そう話すのは寺島志保さん(39歳)。しかし、こんなバカ企画に登場したことで、彼女の人生に変化が訪れることになった。

「立ち会ってくれたライターさんに勧められ偽名で恋愛コラムを書いたり、さまざまな雑誌取材などにも協力するようになったので、東京に来る機会が増え始めたんです。誌面登場から2年後には上京、最初のうちは事務の仕事などをしていたのですが、ある日、AV女優にスカウトされたので、ノリで『いいかな〜』ってそのまま(笑)」

 なんとSPA!登場が発端となり、AV女優になっていたのだ!! その後はJカップの爆乳を武器に、100本以上のAVに出演、さらには数多くのベスト盤が発売されるなど人気熟女優に。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)