「自己啓発セミナー」に騙された人々――30万円も出費したのに売上ダウンした飲食店経営者の場合

「自己啓発セミナー」に騙された人々――30万円も出費したのに売上ダウンした飲食店経営者の場合

「自己啓発セミナー」に騙された人々――30万円も出費したのに売上ダウンした飲食店経営者の場合の画像

「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。なぜ、人々はそこに引っかかり続けるのか? そこで起きた最新の“事件簿”を追った。

◆まともなモノを見つけるほうが難しいこの世界!

 長谷川輝さん(仮名・45歳)は「小学4年から天才脳をつくる」というセミナーに参加した。某学習塾が主催しているが、成人も参加可能で、開始してすぐ東大出身の講師が「ここは自己啓発セミナーです」と堂々宣言した。

「『天才脳のもとは自己肯定感。子供の成績を上げることが目的でなく、生まれてきた目的を知り、最高の人生を歩んでいくこと』が趣旨だというんです」

 携帯の電磁波の話や、引き寄せの法則で、はやりの量子力学の解説。やがて「宇宙エネルギー」に移り、言葉も意識も時空間も素粒子、だから言葉がすべてを作るんだ!という結論に。そして「自己否定が自己実現を妨げる」とし、講師が「わたし大好き! よくやってるね! えらいね!」と叫び、「自分に感謝」と3回唱和させられたという。どう考えても子供には悪影響がありそうだ……。

◆セミナー仲間が溜まる店になり逆に売り上げダウン

 大阪で飲食店を経営する清川義弘さん(仮名・56歳)。欧州で長年修業し、創業以来無借金で経営するやり手のシェフだった。常連から「必ず売り上げアップに繋がる」と誘いを受け、自営業者限定のセミナーに参加した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)